大阪・広告代理店 > Webサイト制作

Webサイト制作

ウェブサイト制作・ホームページ作成

ウェブサイト制作・ホームページ作成の目的は、集客です。ウェブサイト・ホームページはデザインが良いだけでは集客は成功しません。ウェブサイトの目的、顧客ターゲットに基づくサイト構築が必要になります。

ホームページへのアクセスを増やすためにはGoogleやYahooなどの検索エンジンで上位に表示されることが重要になってきます。検索エンジンの上位に表示される対策をSEOと呼びます。
オフィスエムワンではウェブサイト(ホームページ)の目的に合わせて各ページのSEOに配慮したホームページ・ウェブサイト作成をご提案しております。

W3Cに基づいたHTMLやCSSによるウェブサイト構築から、CMS(コンテンツマネージメントシステム)による構築など、お客さまの利用用途に合わせた最適なご提案をいたします。

ホームページのSEO

SEO(検索エンジン最適化)には外部SEO内部SEOがあります。
外部SEOは、被リンクを増やすことによってウェブサイトの価値を上げるというものですが、googleなどでは、有料によるリンクに対してペナルティを課すようになっており、安易に有料リンクで対策を採る事はお勧めできません。

対して、内部SEOは、ウェブサイト内のキーワードや内部構造、W3Cに基づいたHTMLやCSSによるウェブサイト構築などを工夫することでウェブサイトそのものの価値を高めるもので、当社では内部SEOを十分に行ったサイト構築をしております。

»SEO対策について詳しくはこちら

CMSによるホームページ構築

CMSは、Contents Management Systemの略で、日本語に訳すと「コンテンツ管理システム」です。 簡単に言ってしまうと、管理画面からテキストや画像を登録することで、HTMLを編集するスキルが無くてもホームページを更新することができるシステムのことになります。
オフィスエムワンでは、有名なWordPress(ワードプレス)を始め、MODXやBaserCMS、Concrete5など、お客様の要望に応じて様々なCMSを利用することが可能です。

CMSによるウェブサイト構築をした場合、ブラウザを用いウェブサイトの内容の修正を行うことが容易にできるため、簡単なものであればお客様自身で修正を行うことが可能なものです。文言の修正のたびに担当者に連絡をし、時間やコストがかかることから開放されます。

また、CMSによって作られたホームページは、SEO において、より有利だとされています。

スマートフォン向けホームページ構築

スマートフォンの普及率が高くなり、スマートフォンからホームページへアクセスする人も多くなっております。

スマートフォンではPC用のホームページも見ることができますが、見づらいことが少なくなく、直帰率が高くなりかねません。スマートフォンに適したサイト構築をすることで顧客によりアピールできます。

レスポンシブウェブデザイン

検索エンジンGoogleは、2015年2月26日、スマートフォン利用に最適化されたサイトが「モバイルでの」検索結果で優遇されやすくなるように変更すると発表しました。この変更は2015年4月21日より実施されます。

4月21日以降は、スマートフォンに適していないサイトは検索エンジンで上位に表示されづらくなります。Gooloeはレスポンシブウェブデザインを推奨しており、PC用のサイトしか用意していない企業は、早急にスマートフォンに最適化したサイトに変更すべきです。

また、近年は、モバイル端末からのアクセスの方が多くなってきているため、「モバイルファースト」でのレスポンシブウェブデザインでコーディングします。

現在のサイトをそのままレスポンシブデザインに変更することが可能です。サイトの規模にもよりますが、迅速に納品することが可能です。

ホームページ制作の費用

ウェブサイト制作にかかる費用は、まちまちです。ページ数、コンテンツの多さ、デザインなどによっても変わってきますが、ご予算に合わせて作成させていただきますので気軽にお問い合わせください。

ホームページ運営

オフィスエムワンでは、単にホームページを作成して終わりではなく、ホームページの運営も承れます。サーバーの管理やドメイン取得、メールアドレス取得など、どんな些細なことでも気軽にお問い合わせください。

ウェブサイトへのアクセス数を増やしたり、コンバージョンを増やすために、Google Adwordsの使い方をアドバイスしたり、最適なランディングページの作成も承っております。

サイトの常時SSL化

GoogleはサイトのSSL化を推奨しております。SSLとは暗号を用いた通信を行う方法で、今までもメールフォームやカード番号を入力するページには使用されていることが多いです。

今後はすべてのページで常時SSL化されたサイトが主流となっていき、Googleも、SSL化されていないサイトは検索順位を下げると言及しております。

オフィスエムワンで作成したサイトは常時SSL化をすることを基本としています。